離婚で子供の親権を勝ち取るために必要な条件とは何か?

親権問題を解決するための準備を始めましょう。

離婚で子供の親権を勝ち取るための3つのポイント

子供の親権を勝ち取る
離婚で子供の親権を持つ可能性が高いのは母親で、父親が子供の親権を持つのは難しいといった現実があります。
実際に父親が子供の親権を取ることが出来るのは、子供がいて離婚をした夫婦全体のうち2割程度だと言われており、ほとんどの場合、母親が子供の親権を持つようです。

また、子供が親権者を選ぶことができる年齢であったとしても、子供は父親よりも母親を親権者として選ぶケースが明らかに多いという調査結果もあります。

こうなると、離婚で子供の親権を持ちたい父親にとっては苦い思いをする人もいらっしゃいます。
しかし、子供の親権を父親が絶対に取れないというわけではありません。

例えば母親に離婚の原因があった場合は、子供の親権を父親が持つことができる可能性は高くなり、子供の親権を持つ上で必要とされる条件を満たせば、親権を取ることもできるのです。
その親権を取るために必要な条件を大まかに3つのポイントにまとめることができます。
1.夫、妻の経済状況や生活態度、健康状態
2.子供の意思(自分で判断が出来る年齢だった場合)
3.離婚後の生活環境、子育ての支援が十分である

離婚をして、子供の親権を持つことができたとしても、その後の生活が苦しく満足に養育ができない。そうなると子供の将来や親権を持った父親や母親の負担も大きくなるため、親の経済状況が子供の親権を持つ上で重要なポイントとなります。

子供の養育
そして、父親の場合、子供の養育に十分な経済状況であったとしても、子供を養育する環境を用意することができないケースが多いようで、父親が子どもの養育費を支払い、母親が実質の子育てを行うことが多いのです。

しかし、事前に生活環境と養育支援の体制を整えておけば、子供の親権を勝ち取ることも可能になります。

例えば、実家の両親に支援をしてもらうなど養育環境を整えることができたら、仕事の残業で帰宅時間が遅くなってしまっても子供のを世話を任せることもできます。
ただし、両親の支援をもらうためには、離婚して子供を育てていくことに対して理解してもらう必要があるので事前準備には注意が必要です。

この3つのポイントのなかで、離婚をする本人たちの状況に左右されないのが、子供の意思です。
子供がどちらの親に付いていきたいか希望があった場合には、それを覆すのは大変難しく、できる限り子供の意思を尊重した対応が必要です。

子供の意思以外のポイントは改善することができる部分が多々あります。
離婚で子供の親権を勝ち取るために、これらのポイントをふまえた離婚の準備が必要になります。

[先頭へ戻る]