浮気の慰謝料金額が減額されない請求方法とは?

慰謝料を請求する際の正しい交渉方法と必要な浮気の証拠とは。

浮気の慰謝料を請求したい方必見!金額・請求方法・減額されるケース



パートナーに浮気された方場合、その精神的苦痛は計り知れないものでしょう。

浮気が原因で別れを考える方も、そうでない方も、一方的に精神的苦痛を味わうだけでは、割に合いませんよね。

きちんと過ちを償ってもらうためにも、慰謝料の請求を考えてみてはいかがでしょうか。

浮気の証拠がある場合、あなたのパートナー、そして浮気相手、両方に慰謝料を請求することが可能です。

今回は、浮気の慰謝料請求を考えている方向けに、それぞれのケースの金額の相場や、請求方法、注意点などを簡単に解説していきます。これから慰謝料請求をしようと考えている方はぜひチェックしてみてください。

浮気の慰謝料が請求できるのはどんなとき?



浮気の慰謝料が請求できるとき、それは「夫婦間の貞操の義務」に違反した場合のみです。つまり、残念ですが、恋人同士の浮気であれば慰謝料をゲットすることとはできません。恋人同士でも婚約関係にある場合や、同棲していて内縁関係が認められた場合は、慰謝料を請求することが可能です。

また、注意して頂きたいのは、浮気といえど「貞操の義務」が侵されていない場合は、慰謝料請求ができないということです。つまり「愛情が芽生えた」という段階では浮気にはならず、「肉体関係」がともなっていなければなりません。

つまり、浮気の慰謝料請求には、「他の異性と肉体関係を持っていた」と証明できなければならないわけです。


浮気の慰謝料が請求できないのはどんなとき?


肉体関係があった場合でも、いくつかのケースでは慰謝料請求ができない場合があります。

浮気の慰謝料請求ができないケース ① 既婚者だと知らなかった


浮気相手があなたのパートナーと肉体関係にあったとしても、あなたのパートナーが既婚であることを隠していた、というケースだったとすると、あなたは浮気相手に慰謝料請求ができません。

浮気相手は、既婚者と知らずに付き合っていたわけですから、ある意味被害者であるともいえ、意図的にあなたを傷つける行為をしたわけではないので、慰謝料請求はできないのです。

浮気の慰謝料請求ができないケース ② すでに婚姻関係が破たんしていた


長期に渡り別居している状態での浮気では、慰謝料請求が認められないケースがあります。
慰謝料は精神的苦痛に対して支払われるものであり、別居が長く、すでに婚姻関係が破たんしているという状況では、慰謝料を支払うにはおよばないとみなされるのです。


ケース別!浮気の慰謝料金額の相場とは?



次に、慰謝料の相場についてみていきましょう。
慰謝料の相場は、だいたい50万~500万だと言われています。かなり幅がありますよね。

慰謝料は、
・その浮気によって別居にいたった
・その不倫によって離婚にいたった
・不倫はあったが、婚姻は続いている
などのケースによって、金額が変動します。

浮気の慰謝料ケース①浮気はあったが離婚しない場合

浮気発覚後にも婚姻を継続する場合は、慰謝料の相場は50万~100万ほどだと言われています。

比較的低い金額なのは、浮気が婚姻を破壊するまでのダメージになっていない、とみなされるためです。

浮気の慰謝料ケース②浮気が原因で別居した場合

浮気をするまでは平和に同居生活をしていたのに、浮気が発覚したことで婚姻生活にひびが入り、別居に至った場合、慰謝料は100万~200万程度だと言われています。

「しばらくは一緒に住みたくない」とまで思わせた心の傷は深いとされ、慰謝料は少し高額になります。

浮気の慰謝料ケース③浮気によって離婚になった場合

浮気によって婚姻関係が完全に破たんした場合は、200万~500万の慰謝料請求が可能だとされています。

この金額はひとりが支払う分になりますので、パートナーと浮気相手、両方から慰謝料をゲットできた場合は、400万~1000万の慰謝料請求が可能になる計算です。

浮気の慰謝料、交渉の方法とは?


さて、慰謝料は50万~500万と幅があり、明確に○万円、と定められているわけではありません。金額はパートナーとの交渉次第、といった面もあります。

パートナーとの関係が良好な場合は、二人だけで話し合って慰謝料金額を決定することもできますが、可能であれば第三者(特に弁護士などの法律の専門家)を交えて話し合った方が良いでしょう。決定した金額は、きちんと書面に残しておきましょう

話し合いで慰謝料が決定できない場合、裁判を起こして、金額を決定することになります。その場合は、弁護士に依頼する費用を自分で支払う必要があり、また長期化することもあり得ます。

注意!浮気の慰謝料が減額されるケースとは


最後に、浮気の慰謝料が相場よりも低くなるケースも覚えておきましょう。

浮気の慰謝料が相場よりも低くなるケースとしては、
  • ・浮気によるペナルティをすでに受けている(退職など)
  • ・浮気をされても仕方ない状況だった(あなたがギャンブルにはまっていて家庭を顧みなかった、専業主婦なに家事を一切しなかった、身体的接触を完全に拒んだ、など)
などが挙げられます。

最後に


パートナーの浮気が発覚した場合は、きちんと慰謝料請求を行いましょう。慰謝料の金額を決定するさいには、第三者立ち合いのもと、きちんと書面に残しましょう。

[先頭へ戻る]


著書

浮気男とストーカーをギャフンと言わせる方法。