夫婦の関係修復するための4つのステップとは

関係修復のために、何から始めるべきかを考える

夫婦の関係を修復する4つのステップ

離婚の原因に「夫(または妻)の浮気」があります。
夫婦のどちらかが浮気をして、離婚をする夫婦がある一方で、夫婦の関係を修復するために努力する方もいます。
しかし、一度浮気をした相手との関係を修復するのはなかなか大変です。
修復が上手くいかない場合、家庭内別居となって、そのまま辛い結婚生活を送る結果になってしまうかもしれません。

ここでは、夫婦の関係を修復するために必要な事を4つのステップで紹介しようと思います。

ステップ1:浮気相手との関係を完全に断ち切る
夫婦関係を修復するために、まずしないといけないことは、浮気相手との関係を完全に断ち切ることです。
メールや電話で二度と会わないことを浮気相手に伝え、配偶者にも二度と浮気相手と会わないことを明確に示すことが大事です。

ステップ2:
浮気をした理由や浮気の内容を明らかにして秘密を無くす
夫婦関係で秘密を持っているというのは、後になってその秘密が問題となり、せっかく元に戻りかけた関係を悪くする可能性があります。辛いかもしれませんが、浮気をしてしまった理由や浮気の内容について相手と話し合うことで、問題を先に見つけておきましょう。

ステップ3:
お互いが共感する、または相手の気持ちを尊重する
夫婦関係の修復は一方が求めても上手くはいきません。お互いが修復を望まなければ元通りの関係には戻れません。
そのため、浮気をした相手の気持ち、そして浮気をされた相手の気持ち、夫婦お互いの気持ちを理解する努力が必要です。

ステップ4:愛情を再び持つこと
夫婦の関係を修復をしたいと思っている人は、相手に対して愛情を示すことが大事です。
言葉や態度で相手のことを「愛している」と表現することで、関係の修復を目指します。


これら4つのステップがありますが、愛情を再び持つことは関係を修復するため、また結婚生活を今度も続けていくために継続していくことです。
関係の修復には時間がかかるかもしれませんが、根気良く相手に気持ちが伝わるよう、努力を続ける必要があるでしょう。

[先頭へ戻る]