離婚の悩み、離婚におけるメリットとデメリットを比較

離婚のメリットとデメリットの悩み

離婚をメリットとデメリットからハッキリさせる

現代日本で、年間3組に1組の夫婦が離婚しているといわれるなか。離婚の悩みにはそれぞれの夫婦で異なることもあれば、同じ悩みを抱えている夫婦もいます。
離婚の悩みは、解決するのも大変で、離婚をした後も付き纏う物がたくさんあります。

そこで、離婚にどういった悩みがあるのか、離婚をする前に、知っておきたい離婚のメリットとデメリットについてまとめてみましょう。
  • 離婚のメリット
  • 自分の時間を持つことができる。
  • お金を自由(自分のために)に使うことができる。
  • 日常生活で我慢を強いられることが無い。
  • 旦那(妻)の機嫌を気にしなくていい。
  • 新しい恋愛を始めることができる。
  • 自分の夢のためだけに生きていける。

  • 離婚のデメリット
  • 生活を自分の収入だけでまかなう必要がある。
  • 誰かに助けてもらいたいとき、助けてくれる人がいない。
  • 経済的に困窮することもある。
  • 周囲の人間関係がぎくしゃくする。
  • 育児を一人でしなくてはならない。
  • 離婚の理由が自分にあったとき、再婚が難しい。
  • 老後を一人で生活する可能性がある。

簡単に離婚のメリットとデメリットを挙げてみましたが、まず、メリットとデメリットで大きな違いが現れる理由に、お子さんがいる夫婦と、お子さんのいない夫婦での離婚でメリットとデメリットに違いがあります。

お子さんがいた場合の離婚では、生活の中心に子供が置かれます。そのため、自分のための時間よりも、離婚をした後の方が子供のための時間に取られることもしばしば。
実家や周囲の援助を受けて子供の育児に、仕事に専念できる方は、離婚を後悔しない人が多いですが、そうでない人は離婚したことに後悔することもあります。

お子さんがいない、夫婦だけの離婚のときには、別れた夫婦お互いが、自分の時間を持つことができます。

これまで夫婦共有だった時間が、自分だけの時間になります。
その空いた時間を趣味に没頭したり、仕事や新しい事に集中することができるため、夫婦生活で束縛感を感じていた方は、開放感を感じていると思います。

一方で、離婚をした理由が自分にあった場合、再婚が難しかったり、離婚の原因が相手にあっても、結婚を忌避してしまって、新しい恋愛をスタートさせることができないなどのデメリットがあります。

もしも、離婚をした後、再婚することができなかったら、老後も一人で生活しなくてはならないという危機感を感じる人もいるかもしれません。


将来を考えた離婚

離婚にメリットとデメリットを求めるのは間違っていると思う人も中にはいるかもしれません。
そして、どうしても離婚しなくてはならない理由がある人も、メリットとデメリットでは計ることのできない物があるでしょう。

そうした中で、離婚を決意した人は、将来を考えた離婚を目指すべきなのかもしれません。

離婚をして、自分は幸せになることができる。幸せになってみせる。そうした明るい将来のことを考え前向きになることで、離婚後の生活を受け止めることができるようになるでしょう。

このサイトでは、離婚のメリットとデメリットから、離婚の悩みを読み解き、離婚後の将来をより良い物にするための考え方を紹介していきます。

[先頭へ戻る]